ドアは身近な防犯対策|ドア交換で防犯力をUPさせよう

被害を防設備を導入して安心して生活する

セキュリティの意味

ドアノブが壊れてしまったら

急にドアノブが壊れてしまった経験がある人は多いでしょう。玄関や室内・浴室など、ドアノブはたくさんの場所に使われており、その分壊れてしまう確率も高いのです。そんな時、どうやってドアノブ修理をすれば良いのかご紹介します。自力でドアノブ修理をするのも一つの手ですが、プロに任せれば早く頑丈に作り直してもらうことが可能です。ドアノブの壊れ方にも様々なケースが考えられます。折れてしまったり割れてしまったり、ドアノブが回らなくなってしまったり、壊れ方に合わせて適切な対応をするのは難しいです。そして、ドアノブはセキュリティの都合の為複雑な構造となっています。そのため、専門的な知識を持った修理業者に任せて直してもらうべきなのです。簡単なドアノブ修理や調整ならば、8,000円程度から承っている場合が多いです。

ドアノブ修理を依頼するときに知っておきたいこと

現在使われているドアノブには、いくつかの種類があります。回してドアを開ける握り玉タイプと、下におろしてドアを開けるレバーハンドルタイプがあるのです。昔ながらの住宅では握り玉タイプが使われていることが多いですが、レザーハンドルタイプを利用されたものが年々増えています。握り玉タイプはドアを開けるのに回す力が必要なので、荷物を持っているなど両手がふさがっているときには使いにくいです。そのため最近では、楽にドアを開けることができるレザーハンドルタイプが人気のようです。ドアノブ修理を業者に依頼する際、握り玉タイプからレザーハンドルタイプに交換してもらうのも良いでしょう。特にトイレなどの室内ではレザーハンドルタイプが多く使われており、おすすめです。